漢方薬と漢方サプリメントの違い

漢方薬と漢方サプリメントの違い

漢方薬と漢方サプリ、一緒だと思っていたらそれは間違いです。

もともと漢方とは、東洋医学の治療法のことを指します。
原料や治療など、中国が発祥の地と言われています。
しかし、漢方というレシピを基に錠剤やドリンク状にした「漢方薬」「漢方サプリ」は日本独自の文化になります。

まず漢方薬とは、薬と付いているとおり医薬品のことを指します。
国から認可された医師の処方箋が必要な材料が配合され、医師・薬剤師・漢方販売店などのアドバイスが必須です。
個人判断では副作用などの危険があるため、プロのアドバイスが必要なのが漢方薬です。

そして漢方サプリや漢方精力剤に関しては、これもサプリメントと付いている通り健康食品に属する商品になります。
ドラッグストアなどで気軽に入手できるのが漢方サプリ・漢方精力剤と言えるでしょう。
材料には医薬成分が入っていないので、安心して服用することができます。

その中でもおすすめしたいのが、天然成分が配合されたサプリメントです。
コスト削減や飲みやすさを優先させるために添加物を配合させる商品も多数あります。
せっかく身体に良いことを試みているのに、添加物を体に取り込むのは勿体ないお話です。

多少値段が高くなってしまいますが、商品選びのポイントとは天然成分を配合されているサプリメントをお選びください。

copyright(C)精が出るサプリ