東洋医学と言われる漢方薬の特徴

東洋医学と言われる漢方薬の特徴

漢方に効果があると言われてもピンと来ない方たくさんいると思うので、ここでは漢方の主な効果を説明したいと思います。

病院に行くことがあると思いますが、現在の病院はほとんどが西洋医学中心の治療を試みています。
西洋医学の特徴は、病原菌の研究や人体の構造の研究から薬が作られます。
症状の元をピンポイントに治療するのが特徴です。

これは即効性があり、とても効果が大きいです。
それに加え目に見えてわかりやすいので誰もが安心できる治療方法だと言えます。
しかし、そんな西洋医学にも限界があるのは事実です。

よく言われるのが、「西洋医学は直球で東洋医学 (漢方薬) は変化球」という言葉。
方程式を軸とする西洋医学では解明できない治療方法が東洋医学(漢方薬)だと言えるでしょう。

漢方薬の主な成分は「薬草」や「薬草に近い植物」など何種類もの植物を配合させてつくられたものです。
上記で例えるのであれば、その効果はわかりにくく即効性が無いので敬遠す人がいるのも確かです。

西洋医学のようにピンポイントの治療ではなく、身体全体を改善させるというのが特長です。
1つの症状から様々な症状が併発する逆で、1つ改善されれば、そこから影響されて違う箇所も改善されるという考え方が漢方になります。

copyright(C)精が出るサプリ